DCPソリューション

  • 東京東京都千代田区鍛冶町2丁目6番1号 堀内ビルディング2階
  • 愛知愛知県大府市横根町新江62番地の1
  • 大阪大阪市淀川区宮原4丁目4-48

DCPソリューション

MENU

成功への道筋

スタッフの求人・面接・採用について

クリニック開業準備を進めるにあたり、「山場」というのはいくつか存在します。 場所選定・資金調達・院内設計など、ポイントとなる部分はありますが、 その中でも「スタッフ求人に関すること」は先生方にとって悩ましい事柄かもしれません。   経営の三要素として「ヒト・モノ・カネ」というのはお聞きになられたことがあるかと思います。 極端な話、モノやお金はどうにかなるにしても、「感情を持ったヒト」を募...

続きを読む

リース・割賦活用について

医療機器を始めとした設備投資をする際には、購入のほかにリースという手段があります。 リースなら多額の資金を用意する必要がありません。月々のリース料の支払だけで済むので、留保資金を増やすことができ、より効率の良い資金運用が可能となります。 また医療機器等をリースにすることにより、必要な開業資金や運転資金のために利用できる銀行からの融資枠を最大限確保することができます。 月々のリース料は、全額経費とし...

続きを読む

ホームページ戦略について

情報通信技術の急速な発展やスマートフォンの普及により、インターネットを通じて医療機関を選ぶ時代に入ってきています。自院のオフィシャルサイトは、診療案内や広報活動の主要な役割を担っています。特に重要なポイントをまとめました。 ●ホームページも医療広告ガイドラインに準拠する 2018年6月に厚生労働省より、自院ホームページも広告扱いとして規制されることとなりました。特に自由診療の内容や、断定的な表現、...

続きを読む

クリニック開業時の広告戦略について

クリニック開業時における広告は、対象となる地域住民への認知度を高める最も重要な機会であり、適切なタイミングで実施する必要があります。加えて、医療広告はホームページも含め医療法・医療広告ガイドラインの管理下にあり、一定の制限があります。方法を誤れば、保健所からの指導や行政処分の対象にもなりますので、経験とノウハウを持った広告会社を選定することが重要です。 開業までにどのような広告戦略があるのかポイン...

続きを読む

会計事務所を選ぶポイント

●提案型の事務所であるか ●こまめなアドバイスしてくれるか 残念ながら申告期限ぎりぎりに納税額を伝える事務所もあります。 クリニックを開業された先生方におかれましては多岐に渡る業務がありますので、定期的に納税予想をしてくれ、決算対策もじっくりと建てられると良いですね。また医療業界の方向性などを情報収集し中長期的に成長戦略を提案してくれると助かります。 ●電話やメールに気持ちよく対応してくれる いく...

続きを読む

医院開業時における医薬品の取扱いについて

医院開業時にお薬を「院内処方」にするか?「院外処方」にするか? 昨今では、ほとんどの先生方は「院外処方」を選択されます。   10数年前までは、単独単価の新規開業であっても薬局は喜んで出店しておりましたが、昨今では大手調剤チェーン薬局と言えども単独単価での出店は躊躇するケースが多くなっております。 そのような背景も重なり「医療モール(内)」や「ドラッグストア(内/隣接地)」での開業を選択...

続きを読む

家具家電・備品について

建物の引き渡し後、多くの家具家電・備品を短期間で揃える必要があります。   受付カウンターや収納棚は造作するのか、既製品を購入するのかを設計のタイミングで検討されることでしょう。 テレビ一つにしても「天吊り・壁掛け・床置き」といった設置が考えられます。天吊り・壁掛けなども設計時から予定をしておくと壁の下地を強化したりすることも可能です。   最近では、感染症予防の観点から「耐ア...

続きを読む

医療機器の選定について

クリニック開業時のイニシャルコストの大きな部分を占めるのは、建築コスト及び医療機器コストの2つです。   勿論、標榜科目によっては医療機器があまり必要無いこともありますが、例えば脳神経外科や眼科(オペあり)などは大きなウエイトを占めるため、慎重な機器選定が必要です。   今回は機器選定のポイントをお伝えいたします。     【1.電子カルテ】 どの診療科目で...

続きを読む

クリニック開業における「設計・施工」

クリニック開業における建築費は2013年以降20~30%程度上昇しており現在も下げ止まりの兆候はないのが現状です。一つは建築資材の高騰、もう一つは人件費の高騰といわれています。 また直近においては新型コロナウイルスの感染拡大の影響に伴い、部品の調達・供給網の混乱で住宅設備機器の供給が滞る、代替で対応といった事案が生じています。 景気・経済動向を十分汲みながら余裕を持った検討が重要と考えます。下記ポ...

続きを読む

物件(不動産)契約のポイント

1.契約パターン…定期賃貸借と普通借家契約 ■定期借家(借地)契約のポイント ・契約期間が満了しても更新されることはなく契約は終了する ・再契約の合意が成立した場合にのみ再契約となる ・特約がない限り中途解約はできない ・中途解約しても賃借人は残存契約期間分の賃料相当額などを支払う義務がある ■普通借家契約 旧借家法での賃貸借は賃借人の保護の側面が強く、一度貸したらほぼ賃借人には 戻ってこないとい...

続きを読む

1 2

開業までのプロセス