DCPソリューション

  • 東京東京都千代田区鍛冶町2丁目6番1号 堀内ビルディング2階
  • 愛知愛知県大府市横根町新江62番地の1
  • 大阪大阪市淀川区宮原4丁目4-48

DCPソリューション

MENU

開業したドクターの声

Doctor's voice

OPENING SUPPORT INTERVIEW開業支援インタビュー

メイン画像

開業のノウハウを支える人間力とご縁
人と人との信頼関係が開業を後押し

かつしかキュアクリニック院長 永澤 守氏

2019年7月1日開業の「かつしかキュアクリニック」。院長の永澤守先生と当社とのご縁は、2018年11月中旬に始まります。開業までの約7ヵ月間について、そのプロセスとその時々の心境、そして開業を考えていらっしゃる先生方へのアドバイスなど、お話をお伺いしました。

先生と当社の出会いについて教えていただきたいと思います。

いつ頃から、開業を志していましたか?

開業を志して、何年も色々な情報を集めていらっしゃる先生もいると思います。でも、私の場合は、2018年11月DCPソリューションの杉本社長にお目にかかるまで、全く開業を考えていませんでした。と言っても、長年大学病院、公立病院、療養型病院などで勤務医をしている中で、「地域の方たちのために、何か貢献出来ることは無いかな」と、漠然と考えていたというのはあります。

では、どうして開業に踏み出されたのでしょうか?

インタビュー写真

2018年11月に、医師の人材紹介会社の方と食事をしている時のことです。「そろそろ、開業されたらいかがですか」この言葉が、開業を意識するようになったきっかけかもしれません。54歳と言う年齢を考えて、実は私の母が亡くなった歳なのですが、何か節目となる年齢なのかなと考えるようになりました。そこで、最初は話だけでもお聞かせいただこうかなという軽い気持ちで、その人材紹介会社の方に連絡したのが始まりです。

当社と出会われたのは、その頃ですか?

連絡をして、その翌週にはDCPソリューションの杉本社長にお目にかかりました。

その時の印象はいかがでしたか?

お目にかかったその時から、仕事の話しかされない方です。本当に真面目な方だなという印象でしたね。既にその時に、ある程度の候補地まで用意されていました。何か人とやろうとする時には、人物を見ると思っています。人物を見て、信用できるなと思ったら、その人と頑張って進めていけばよいだけの話です。それが、杉本社長でした。

杉本社長のお人柄と熱意に惚れ込んだというわけですか?

長年、この開業支援に心血を注がれている方です。開業支援のノウハウはもちろんですが、それを支える社員と確かなネットワークをお持ちであることが、実際に開業に向けて動き出してからはっきりとわかりました。

親会社のスギ薬局の方とも会われたそうですが?

杉本社長と会った翌週に、スギ薬局の方とお目にかかり、開業までの事業計画を作ることからスタートしました。私は、大学卒業後、岐阜大の医局にいた関係で岐阜に住まいがあり、そこで結婚後も暮らしていました。そのため、スギ薬局は地域に店舗数が多く非常に身近な存在でした。DCPソリューションに信頼をおいた根拠が、ここにもあったかもしれません。

開業場所の選定についてお伺いします。

開業の場所は、どのような経緯で決めたのでしょうか?

最初に杉本社長に会った時には既に、候補地が用意されていましたが、いくつもあったわけではありません。他の候補も医療モールでしたが、通勤時間も考慮して決めました。最終的な決め手となったのは、杉本社長の言葉でしょうか。これだけキャリアのある方が、長年の勘で「ここですよ」と言ってくださるなら、「じゃあ、ここだな」と決めました。なんと、杉本社長と会ってから2週間後には、クリニックが入るコープ白鳥と契約を締結していました。不思議なもので、この場所に開業すると言うのも、杉本社長とのご縁ということですね。

開業の場所を決めるのに不安はありませんでしたか?

不安は全くありませんでした。私は、郊外も含めてどこでも良いと考えていたのですが、まさか東京23区内で開業することになるとは、思ってもいませんでした。立地条件や周辺の環境も、プロの目で徹底的に調査していると伺っています。場所を決めるのに迷って時間をかけていると、周囲の環境も変化するでしょう。内科の開業を考えているのに、すぐ近くにさっさと内科が出来たら、また振り出しに戻ってしまいます。一人で決断するのは、非常に難しいと思いますが、開業支援のプロ、しかもデータに基づく根拠を基に、場所を決めることは、非常に有意義だと思います。

周辺の環境はいかがですか?

診療圏内の調査は詳細なデータをいただきました。昼間の人口と夜間の人口はどれぐらいで、昼夜でどのように変化するのか。それも、5キロ圏内から500キロ圏内まで、調査は行き届いていると思いました。この場所はJR常磐線・東京メトロ千代田線「亀有駅」、京成本線「お花茶屋駅」、「青砥駅」の3つの駅を結んだ三角形の、大体重心に位置しています。それぞれの駅からは徒歩15分~20分と少し遠いと感じましたが、駅や周辺地域からのバスの運行状況なども把握済みで、交通の面についてもよく検討されていました。

近隣は下町ならではの戸建て住宅やマンションも多く、買い物ついでに歩いてこられる方も多いと思います。また幹線道路が近くを通っているため、自家用車での来院も考えられます。その際には、コープ白鳥内のクリニックモールということで、コープの駐車場を使うことができます。こうした集患に関する調査も行き届いています。開業に関わる業者の方々からも、開業場所について口々にお墨付きをいただいているところです。

設計・施行についてお伺いします。

実際の設計・施行はどちらでされましたか?

DCPソリューションから、取引先である株式会社ノアを紹介していただきました。設計事務所と施行業者が分離していると、連絡の行き違いや施工の遅れの原因となる場合があるそうですが、ノアさんでは、両方とも請け負っていただくので、大変スムーズに進みました。開業を決めた11月中旬から約1ヵ月後の12月中旬には、ファーストプランが上がってきたほどです。

インタビュー写真

設計にはどのぐらい時間がかかりましたか?

ファーストプランが上がってから、設計が確定するまで約2ヵ月、2月末には図面が完成しました。その間は、かなり密度の高い打ち合わせをしました。昼間は通常通り勤務している病院で診療があります。そのため、休みを利用して普通は大体1週間に1度のペースで打ち合わせをしていました。ただし、2月に入り図面の完成に向けて押し迫った時期には、週に2回になることもありました。協力してくれる妻も同席し、集中的に打ち合わせを行いました。

図面の完成まで、直面した問題などはありましたか?

コープ白鳥自体の耐震の問題や、オリンピック関係で施工材料の手配が遅れるという話が出たことはありました。それから、内装はどうするか。例えば院内のトイレは障害者用にするのか、非常口をどうするのかといった細かい話は、いろいろと出てくるものです。それも打ち合わせの中で試行錯誤して、楽しんでできたと思います。

施工が始まってからの状況はいかがですか?

施工が始まると、打ち合わせの回数も減り、結構のんびりしていました。6月になると開業を控えて、色々を忙しくなりましたが、DCPソリューションのサポートと、各業者の方の尽力で、いよいよ開業ということになりました。

スタッフ募集に関するサポートについてお伺いします。

スタッフ募集について、どのようなサポートがありましたか?

DCPソリューションからご紹介いただいたクリニックのHP作成や宣伝を担当していただいている東電プランニングの方と、DCPソリューションの木下さんが、職員募集に関して進めてくれました。面接会場の手配から、応募してきた方の履歴書の管理、スタッフのシフト作りまで何から何まで細々としたサポートです。私と妻は、その面接日に会場に行って応募された方と会うだけ。これは、開業支援のサポート無くしてはできないことだと痛感しました。

どのようなことを重視してスタッフを決めましたか?

東電プランニングの担当者と木下さんと私と妻で、受付と看護師さんなどスタッフを決めました。もちろんこれまでのキャリアは重要ですが、まずは人柄です。そして案外大事なのはシフトです。スタッフ募集のサポートで特徴的だったのはスタッフのシフト作りです。私たちが一方的に合否を決めるのではなく、実際に担当する診察日に勤めに来られるのかどうか、応募してきた方のご希望を踏まえつつ、シフトまで相談にのって決めていきました。キャリア本位で来ていただくことにしたものの、この曜日は出られませんとなっては、後から大問題になっていたと思います。

スタッフの方たちとの関係はいかがですか?

地域性なのか、スタッフもクリニックの周辺地域の方が多いです。私の自宅はクリニックと離れているので、この地域のことは知らないことばかりです。そういった面でも、私の知らないことを色々と教えてくれます。今回たまたま勤めていただけなかった方も、全員雇いたかったと思ったほど、良い方が応募してくれました。

開業にあたってスタッフへの不安はありますか?

スタッフについて、不安は何もありません。スタッフ募集を進めてくれた担当者は、人材募集のプロですから、キャリアのある方の目から見ていただけるので安心です。既に、診療のシステムや患者さんの導線などスタッフと相談することも多いのですが、その際に本当に良い人材に恵まれたと感じている所です。

電子カルテなどのシステムや機器の導入についてお伺いします。

クリニック内のシステムはどのように考えられましたか?

紙運用も含めてスタッフにとっても、患者さんにとってもストレスが無いように決めました。カルテ自体は電子カルテを導入しましたが、完全なペーパーレスは時期尚早ではないかと思っています。ファイルに診察券と検査票などを入れて、患者さんにお渡しして、スタッフの方も確実に患者さんを特定できるようにしています。事故が起こらないためにも、紙の併用は必要だということになりました。どのシステムを入れるかは私が決めましたが、それをどうやってうまく運用していくかについては、スタッフと一緒に相談しながら作っているところです。

検査機器などはどのように導入されていますか?

内科ですので、CTなどの大きな機器は必要ありませんが、医療機器の選定についても、ご紹介いただいた日本光電の方に相談にのっていただきました。血液検査は外注の予定ですが、レントゲンは院内で撮影します。感染症については、迅速検査ができるような機器を入れるようにしました。

開業するにあたって、ご家族の協力についてお伺いします。

開業するにあたり、ご家族の反応はいかがでしたか?

妻は、私がやりたいようにやってくださいと言っていましたね。子供はまだ小さいので、打ち合わせに連れて行くこともありました。DCPソリューションの会社の方が子供の相手をしてくれたり、あやしてくれたりと、家族ぐるみで開業に向けてサポートしてもらいました。

ご家族の協力は必要でしょうか?

独身の先生は別ですが、結婚されているのであれば、奥様の協力は絶対に必要です。私としては、開業にあたり妻の協力が得られなければ、開業を断念した方が良いと言うほど、重要だと思っています。協力が得られれば鬼に金棒と言ったところです。

奥様はどのような点で協力されましたか?

インタビュー写真

最初に杉本社長に会う時から、妻にも同席してもらいました。その後の細かい打ち合わせや、スタッフの面接なども一緒に行っています。開業を進めている間も、私は日常の診療がありますから細かいことは妻に任せることも多くありました。そうした時に、DCPソリューションの方でも、妻と良い関係性を作ってくれたのは、開業を進める上で非常に大きかったと思います。

実際にはどのような部分で奥様の協力が必要ですか?

例えば、カーテンの色、壁紙の色、部屋の大きさ、何から何まで決めなければなりません。内装だけでなく、どんなトイレを設置するのか、診察室の看板はどのようなのが良いのか、女性目線と言う意味もありますが、子育てをしていく中で病院に行く機会も多く、アイデアにあふれているのです。細かいことを言えば、必要なファイルの数はいくつか、事務用品はどれだけ用意すれば良いのか、お花はどうするなど、妻がいなければ何も決まらないのです。こうした設計や内装だけでなく、他の人には頼めないお金の管理はその最たるものです。銀行に行ったり、税理士さんや社労士さんとの打ち合わせをしたり、諸々の手続き等々、数え上げればきりがありません。

もちろん、先生が日常診療に携わりながら一人で出来ないことは無いと思いますが、やはり完璧というわけにはいかないのではないでしょうか。開業にあたって、奥様の協力が得られるかどうか、これは非常に重要な課題だと思います。

開業には奥様をはじめ、人とのご縁や協力が必要ということですね。
開業に至るまでに関わった方についてお伺いします。

特に印象深い方を挙げるとすればどなたですか?

杉本社長にご紹介いただいた、リース会社リコーリースの方です。最初に杉本社長にお会いしたため、開業までのプロセスの中で、特に不安に思うことは何もなかったのですが、強いてあげるとすれば資金の調達でしょうか。これには理由がありまして、私の体調の問題です。実は19歳の時に片肺の自然気胸の手術をしているのですが、その際もう片方の自然気胸の可能性についても言及されていました。それが、2018年の夏、もう片方の肺に発症し、6日間の入院ではありましたが手術を行いました。そのことから資金調達が難しいのではないかと思い、最初に杉本社長に相談したというわけです。そうしたところ、「それは大丈夫です」と言われたのです。そして紹介していただいたのが、先のリコーリースの方でした。

どのような方ですか?

リコーリースさんもご商売ですから、本来なら上乗せして稼ごうと思うじゃないですか。それが、こうしたら運転資金が溜まりますよとか、こちらの方が安いですよとか、いらない物はいらないですよと、はっきりと助言してくださる、本当に親身な方です。これで、金銭的な不安も解消されたことは、開業するにあたって非常に大きかったと思っています。

その他関わった業者の印象はいかがでしたか?

実際に現場で作業されるのは、施工業者の方たちだと思います。このリコーリース会社の方に限らず、杉本社長が紹介してくださる業者の方は皆さん、信頼してお任せできる方たちばかりです。杉本社長が今まで取引きされて、気持ちよく一緒にお仕事が出来る方を紹介してくださっているということがよくわります。そういう面においても、紹介していただいたさまざまな業者の方たちについても、とても幸せなご縁をいただきました。

開業されるクリニックについてお伺いします。

クリニックのコンセプトをご紹介ください。

「元気で笑顔あふれる暮らしのお手伝い」を当院の理念として掲げています。不安を抱えてクリニックに来られた方に、帰る時には少しでも明るい笑顔になっていただきたいという願いを込めて、健康面も含めて微力ながら少しでもお手伝いできればと思い、このコンセプトを考えました。

コンセプトを考えたきっかけがありますか?

最近は、記事のタイトルを見ただけでも読むのが嫌になるような事件が、たくさん報道されています。多分、昔だったら新聞が報道しなければ、我々の耳に入ってこないのでしょうが、最近ではIT技術が発達して、どんな些細な事件でも知ることができるようになってしまいました。そうすると、世の中ってこんなに可哀そうなことになっているんだと思って、胸を痛めることが本当に多いのです。事件を起こしたりする方にも、職場で嫌なことがあったり、日常生活で面白くないことなど、何かきっかけになることがあると思います。そういう時に、例えばクリニックに来て話をすれば、ちょっとほっとしたり、心温まるようなことがあれば、もしかしたら歯止めになることもあるのかなと思うのです。それで、地域の方々の健康管理を通して、何か貢献したいと思ったということです。昔の下町では、近所の人とのつながりが強く、すぐに相談できたものです。よろず相談所という感じのクリニックをめざせればよいなと思っています。

クリニックの理念が明確ですね。

開業を意識していない時から、そのうち地域に貢献できることをしたいという下地は漠然とあったと思います。開業を決めてからは、その漠然とした思いを整理して、理念としてはっきりさせたことで、開業まで突き進むことが出来たと思います。

開業されるまでのご経歴についてお伺いします。

下町のご出身と伺いました。

東京大田区の大森出身です。福井大学医学部(旧福井医科大学)卒業後、医局が岐阜大学だったので、岐阜の病院に勤めていました。岐阜大学では神経高齢科と救命救急センターにもいました。いつかは生まれ故郷に帰ろうと思っていたのですが、子供が幼稚園ぐらいになった時に、丁度良い節目と言うことで東京に戻ってきました。急性期病院の場合、当直や休日の呼び出しなどがあるので、子育ても出来る環境と言うことで、江戸川区の東京さくら病院に4年ほど勤めていました。

下町つながりでしょうか?

大森出身と言っても、ずいぶん変わりました。江戸川区と葛飾区は近くに位置していて、親近感がある地域で開業することが出来ました。

神経内科がご専門と言うことですが、どのような診療内容でしょうか?

神経内科と言っても、神経難病やパーキンソン病などいろいろな分野があります。最近では、忘れっぽくなった、火の不始末が出るようになった、ガスをつけっぱなしにしてしまったなどで気が付く、物忘れの方が多いようです。江戸川区の東京さくら病院では、認知症疾患センターで認知症外来をやっていました。認知症には、アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症、脳血管障害の二次的な認知症などがありますが、今までの経験を活かして、クリニック開業にあたり物忘れ外来を設けることにしました。

物忘れ、認知症と言っても、どの診療科にかかれば良いかわかりにくいですね。

多くの場合は、家族が心配して付き添われてくる方がほとんどです。自分で物忘れと言って受診される方は、物忘れではないですからね。認知症に限らず、何か気になる症状があれば、クリニックに来ていただきたいと思います。その症状から想定できることを、交通整理して治療できるところは治療し、必要があれば専門の先生をご紹介させていただくということが出来ると思います。そういうことで、周囲の地域の先生方とも連携していきたいと思っています。

これから開業を考えている先生へ

他の開業支援の会社も参考にされましたか?

元々、開業を考えていなかったので、開業支援の会社があることさえ知りませんでした。開業するにあたってはじめて、たくさんの会社があることに驚きました。

インタビュー写真

開業のサポートは必要ですか?

開業を志している先生のほとんどは、開業支援の会社をご存じだと思います。多くの会社を比べて、決めかねていることもあると思います。また、日常診療に携わりながら、こつこつとご自分で色々な情報を集めている先生もいると思います。そういう場合には、是非DCPソリューションの杉本社長に一度会って、話を聞いてみるだけでも良いと思います。取りあえず、会ってみないとわからないではないですか。そして、開業支援のプロの話をきいてから、どのような道筋で開業に至るかといった選択肢のひとつとして、考えてみてもよろしいのではないでしょうか。

では、最後にDCPソリューションのサポートについてお伺いします。

点数を付けるとしたら、10点中何点でしょうか?

12点と言いたいところですが、9.5点にしましょう。この0.5点は、ヒューマンエラーと考えてください。人間みな、間違えることやうっかり忘れてしまうことなどあると思います。それが0.5点です。では、何故最初12点と申し上げたのか。それは、そのヒューマンエラーに対する対処が2.5点分あるということです。

DCPソリューションの方はプロ中のプロと言っても良いと思いますが、うっかり抜けてしまった時に指摘すると、すぐに対処してくれる点、それが2.5点分です。

信頼できると思われるところがありますか?

安請け合いしないことですね。何かお願いしたり確認したりした時に、何でもすぐに「できます」とは言わないのです。まず「確認します」から始まり、確認して回答してくれる。それが安心できる点です。人としても会社としても、信頼してお任せできたと思います。